勤続年数は何年ですか?

勤続年数は何年ですか?

勤続年数は何年ですか?

じゃぁ収入さえあれば審査が通過しやすいの?って思いますよね。

 

それだけじゃないのが審査っていうものです。借りたお金はちゃんと返していますか?
ちゃんと返していないと、金融機関が所持している信用機関に、リストとして載ってしまいますよ。

 

これに載ったらもう審査を通すどころか、普通の所では借りられなく場合もありますからね。

 

他に審査に必要になってくるもの、それは勤続年数と言われています。勤続年数、そう、会社に入っていてもその勤続年数が浅い人は転職を繰り返している人かもしれませんよね。すべてがそういうわけではありません、事情があって転職したての人だっているでしょう、ですが、基準としては勤続年数が高いほうが信頼できるとされています。

 

きちんと働いているという事が認められるわけですね、つまり、きちんと働いている=きちんと返済することができる、と言うわけです。なるほどですねえ。

 

自分はきちんと働いている!と主張するだけでは消費者金融の審査は簡単には通れないという事です。

関連ページ

借金はありますか?
消費者金融でお金を借りるとなると、少し怖い気がしますね。古いでしょうか?でもお金の問題はシビアなので、あまり近しい人に迷惑を掛けたくないですよね。その金額が大きければそれこそでしょう。けれど問題は消費者金融に行った時の審査です
住居はありますか?
審査が通りやすくなる最後の一つは住居があるかどうか、また、電話を引いているかどうかも問題となってくるそうです。なんで?そう思いますよね。住居があるかどうかは、もし借金が返せなくなったときに、担保になるからだと思います
中小消費者金融
大手の消費者金融では借りられなかった・・・もう消費者金融で審査が通るところはもうないのか?と、絶望に打ちひしがれているあなた。がっかりするのはまだ早い、いい情報を教えてあげましょう。
どこも貸してくれないよ!
どこの消費者金融に行っても審査に通ることが無かった。中にはそういう人も居るでしょう。そういう人は、もしそのお金を工面しなければならない場合、自分の資産の中で価値になるものはないかもう一度考えてみましょう
ホーム RSS購読 サイトマップ